スポンサーサイト

  • 2010.09.03 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


竹の子

鮮度が命のタケノコ
孟宗竹(もうそうちく)の竹の子が最盛期じゃ。
狭い我が家の竹林だが、それでも、この時期は、毎日10本弱採れる。

筍は、鮮度が急激に低下するので、なるべく早く、米ぬかを入れたお湯で下茹でし、冷蔵庫や冷凍庫で保管するといい。
炒め物、煮物、たけのこご飯、和え物、味噌汁の具等様々な料理に使える。

ステックセニョール

ステックセニョール晴れ写真は畑のブロッコリー。
ステックセニョールという品種で、花の部分を摘み取っても、脇から新しい芽が出てやがて蕾をつけるので、何回も繰り返し収穫ができる。
通常のブロッコリーと比べると、茎の部分が柔らかく、茎、葉の部分も丸ごと食べられる。

普通に茹でてサラダにしても美味しいが、軽く茹でて、バター炒めにすると最高。
ビールのつまみにもってこいだ。

苺(宝交早生)の苗

宝交早生晴れ宝交早生(イチゴ)の苗。
露地栽培に適しており、丈夫で育てやすく、実は大粒で甘い。
去年より、成長がやや遅いような気がする。
台風や日照りのせいかな?

ちなみに、宝交早生の命名の由来は、宝塚市で交配されたことによるらしい。

ナツメ


晴れ曇り雨晴れ
写真は畑の「なつめ」の木。
青い実がつき始めている。
棗には鉄分カルシウムカリウム繊維などの栄養成分が含まれており、漢方薬等にも利用されている。

スイカ結構出てる

晴れ雨晴れ
田布施地域交流館に西瓜が結構出てる。
30玉近くでてる。
でも、そろそろスイカのシーズンも終わりかな?

長いものつる

晴れ 写真は長いものつる。
長いものつるは見たこと無い人が多いのでは?
こんなふうに、支柱にどんどんつるが伸びて葉が茂っていく。
このつるの下の地中で、長いもが成長している。
収穫が楽しみじゃ。
長いも

産直市場、西瓜大量出品

ミニトマト晴れ
写真は畑のミニトマト。

家内の友達が泊まりにきた。
8時20分頃近くの駅に迎えに行った。

当然のようにビールを飲んだ。
肴は、天婦羅(ピーマン・ミョウガ・青じそ・なす・いわし・イカ)・母の差し入れのポテトサラダ・汁ビーフンにミニトマト。
いつものように酔っ払ってしまい、いつの間にか寝ていた。

家内の友達にケリで起こされ入浴。
その後、再度就寝。
朝まで爆睡。

黒すいか


晴れ
写真は黒スイカ。
黒スイカといっても皮や果肉が黒いわけではない。
皮の色が濃緑色で光の加減によっては黒っぽく見える。
一般的なスイカのような縞模様は無い。
皮は厚めだが、味は糖度が高く美味しい。

モロヘイヤ

モロヘイヤ晴れ
畑のモロヘイヤ。
モロヘイヤは、カロチン・カルシウム・カリウム・鉄分・ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンC・ビタミンE・ムチン・食物繊維が含まれている極めて栄養価の高い野菜だ。

免疫の活性化、がん・老化・高血圧・糖尿病・骨粗鬆症、貧血の予防、胃粘膜の保護、疲労回復、精力増強・美肌・コレステロール低下作用、便秘改善、肥満抑制などに効果があるとされる。
究極の健康野菜と言っていいだろう。

実は自分はまだモロヘイヤを食べたことがない。
おひたし・和え物・炒め物・かき揚の具・スープの具・餃子の具・刻んでグラタンに入れる等の方法で調理できるらしい。
近々食べようと思う。

オモチャカボチャ

おもちゃかぼちゃ
曇り/晴れ
写真は畑のおもちゃかぼちゃ(花かぼちゃ)。
食用ではなく、観賞用。
ひょうたんの様な形でウリボウの様な縞模様がカワイイ。
毎年産直市場に出品するが、結構人気がある。

calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
PR
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM