スポンサーサイト

  • 2010.09.03 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


その後のメダカ

メダカ殖えた
2代目ダルマメダカ
石臼(庭)
火鉢(軒下)
10L水槽&100均容器(自室)
魚の発泡スチロール(軒下)
60L水槽&100均容器(縁側)
去年全部で13匹だったメダカは、はっきり分からんが、多分200匹以上に殖えた。(50匹程人手に渡った)
ダルマメダカ(半ダルマ含む)が50匹程で、残りは普通のメダカ。
ホタルメダカも居るはずだが、ほとんどが小メダカのため、まだ確認できない。

かつては、餅つきに使っていた「石臼」を始め、「火鉢」、「100均の容器」等、色々な容器を室内外に置き、飼っている。
ろ過装置は全く使用していない。
室内の容器に限って、そのほとんどにエアシュレーションをしている。
水換えは不定期で、気が向いた時や、汚れが目立つ時にしている。

餌は、小メダカには専用のパウダー状の物を与え、親メダカにはキョーリンというメーカーのメダカの餌と、乾燥赤虫を与えている。

ダルマメダカ初産卵

朝、産卵じゃないの?
何気にダルマメダカ水槽を覗くと、2匹が卵を抱いている。
ちょっと分かりにくいが、赤丸の部分が卵じゃ。

産卵は早朝から午前中と聞いていたが、既に夕方の5時を過ぎている。
朝からずっと卵を抱いてたのかな?

メダカの動きが活発に

ダルマメダカ(縮みめだか)
水温み、動きが活発になってきた。
なんか、お腹が大きくなってきたような気がするが、卵を抱えてるのか、それとも単なる肥満か?

ヒカリメダカ
2005年の秋に譲っていただいたヒカリメダカ。
白系1匹、ブルー系4匹、オレンジ系2匹の計7匹。

ダルマメダカ(半ダルマメダカもおるよ!)

メダカ晴れ
昨年、メダカの個人ブリーダーに譲っていただいた「ダルマメダカ」。
半ダルマっぽいのも含めて、白色系ばかり計6匹(オス・メス各3匹)。

ダルマメダカは縮みメダカともいわれ、普通のメダカより、背骨の数が少ない突然変異種を固定化させたものといわれている。
普通のメダカと違って、人なつっこい性格であまり人を恐れない。

水温の下がる冬季は餌をあまり与えてはいけないらしが、室内に水槽を置いているので、暖房を入れなくても水温が10度を下回ることはあまりないため、1日1〜2回は与えている。(乾燥赤虫・メダカの餌)

水替えは、定期的に行っておらず、気が向いた時や、水がグリーンっぽくなったら3分の1から2分の1程度行っている。

思ったほど大きくならないが、元気に動き回っている。

照明

水槽(照明設置後)晴れ町内でメダカの養殖をしている方を、某小売店のアルバイトの方から教えてもらった。
アルバイトの方がわざわざ電話を掛けてくださったが、ご不在のようだ。
ぜひメダカを見せて頂きたいと思い、養殖をしている方のご自宅の場所を教えてもらい、直接訪問したが、やはりお留守だった。
後でアルバイトの方から聞いたところ、「釣り」のため出かけていらしたのこと。
また、改めてお伺いすることにした。

赤玉土の濁りが取れないので、更に2回、2分の1ずつ水かえをした。
かなり透明度が高くなり、暫くすると済んだ水になった。
ファイブプラン(ジェックス)の照明(1980円)をナフコで、水温計(158円)と網(148円)ジュンテンドーで購入。
照明と水温計をセットした。

水草用の肥料として購入したハイポネックス。
本来希釈して使うべきなのだろうが、面倒なので1滴直接水槽に入れてみた。

calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
PR
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM